« 2007 バリⅤ | トップページ | 暑い日 »

2007年7月20日 (金)

2007 バリⅥ

Imgp0047 今回のバリの最終日。

ウブドの友人、Tさんの家で目を覚ます。

と言っても、自然に目が覚めたわけではない。まわり近所のニワトリが一斉に、けたたましく鳴き出したせいだ。

とにかく、うるさい!!お陰でスッカリ目が覚めてしまった。

外に出て、Tさん宅の周りを見渡す。近所の家々からは、炊事の煙がいたるところで、上がっていた。この光景が、実にバリらしくて好きである。

そうこうしているうちに、Tさんの家族も起きてきた。そして朝食を食べ、8:00のクタに戻るバスに乗るため仕度をする。

もう少しゆっくりすれば良かったが、最終日だからサーフィンがしたかった。

Tさんに挨拶をし、プラマのバス停に向かう。バス停まではTさんの奥さんが、バイクで送ってくれた。

Imgp0048 バスは、ほぼ定刻に出発。

乗っている日本人は僕だけだった。

いつもの田園風景が綺麗だった。

帰りは、行きとは違いサヌール、空港を回ってクタに行くため、1時間半位掛かった。

ホテルに戻り、早速ビーチをチェックしたが、波はそれほど良くなかった。

しかし、最終日なので心ゆくまで2時間強やっていた。

Imgp0051_1 波はイマイチでも、やっぱりバリの海は最高だ。

午後は帰国の準備を済ませ、クタに買い物へ行く。買うものといったら、毎度のTシャッツだ。

そして今回は、行動は別でも一緒に来ている面々がいるので、ホテルは、5時チェック・アウトして免税店へ・・・・・・・。

これは、最高に退屈だった。出来れば7時前位までホテルでゆっくりしたかった。

免税店で買うものは、正直言って何もないからだ。

そんなかんなで、空港へ。今回世話になったガイド、ロビ君に別れを告げ、我々はガルーダ880便にてバリを離れた。

まあ、今回は時間がタイトながら楽しめた。

やっぱりウブドは2泊はしたいと思った。ウブドは完全に日常を忘れさせてくれる場所であるから・・・・

あと、何と言っても泊まったホテル「バリマンデラ」は最高だった。

バリは5年前の悲しいテロ事件から、立ち直りの兆しを見せているので、また平和で、素朴で、活気のあるバリになるよう祈っている。

また近々、必ず戻ります

ガルーダ・インドネシア航空の和田さん、今回は大変お世話になりました。

この場でお礼を申し上げます。

そして、我が心の故郷バリありがとう。

Terima kasih!!

|

« 2007 バリⅤ | トップページ | 暑い日 »

サーフトリップ」カテゴリの記事

コメント

今回ももーちょっといたかったんだね。
ウブドってなんか聞いたことあるなーって
思ってたら、伊豆にあるんだよねー

「ウブド伊豆」ってお店が。

投稿: りり | 2007年7月20日 (金) 22時28分

りりさん
「ウブド伊豆」聞いたことあるよ。

本当に、もうちょっと居たかったよ。

でも、また行くんだ!!

投稿: shu | 2007年7月20日 (金) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140235/15822510

この記事へのトラックバック一覧です: 2007 バリⅥ:

« 2007 バリⅤ | トップページ | 暑い日 »