« 9回目のバリ | トップページ | ウブド »

2010年4月 8日 (木)

早朝からサーフィン、クタの現在

001

 今日は、早朝からサーフィンに行ったwave

行ったのは、ブラワとクタリーフ。

 

 午前6時にワヤンにピックアップしてもらい、クタリーフをチェック。

しかし、オンショワが吹いていたので、ブラワに行った。

003

写真のような波が割れていて、サイズもセットは頭位あった。

入っているサーファーも2人だけup

早速、着替えて海に入ったdash

混んでなかったので、よい波を結構捕まえる事が出来た。

およそ2時間くらい、サーフィンしていた。

しかし、9時前にはサーファーがいっぱい入ってきて、ポイントは混んでしまったので、僕は上がった。

でも、十分楽しめて、満足のいくサーフィンだった。

 

 次に、再びクタリーフをチェック。

サイズは、肩~胸くらいだったが、リーフブレイクなので波にパワーを感じた。

ここのクタリーフは、アウターリーフで、ボートで沖のポイントまで連れて行ってもらう。

僕のカメラが防水加工でないために、写真を撮れなかったのが残念だweep

ここでも、よい波を楽しんだ。

早朝から、動いたので体はヘトヘトだった。

 

 さて話は変わり、僕の滞在しているクタの街。

初めて、バリに来た1999年は、メインのレギャン通りは、原宿の竹下通りのように「人、人、人」だったのに、2002年のテロ以降は、閑散としている。

実際に、日本人観光客も殆ど見かけないし、オージー、アメリカン、ヨーロピアンは見かけるが、以前よりは、明らかに少ない。

004

写真は、昼頃のレギャン通り、以前は昼でも賑わっていたのに、ご覧の通り。

ホテルの人曰く、日本は連休前だから、と言っていた。

 

 しかし、この通りにサーフショップを構えて10年以上のワヤンはテロ以降、商売は厳しくなったと言っていた。

特に、日本人をお得意様にしていた、ダイビングショップ、ホテル、レストランなど潰れたところも実際にある。

日本人サーファーに人気の屋台「デポイカ」も開店休業状態だし、僕の泊まっている「ホテル・ルサ」も普段なら、多くの日本人を見かけるのに、今は僕一人だ。

今日、入った日本料理屋も、繁盛はしていたが、日本人は僕だけだった。

 004_2

夕方、裏道で見た光景。

親子で、伝統の竹楽器を練習しているシーンに遭遇。

バリ人は伝統的なものを大事にする。

このスピリッツは失って欲しくないと感じた。

006

|

« 9回目のバリ | トップページ | ウブド »

サーフトリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140235/48033470

この記事へのトラックバック一覧です: 早朝からサーフィン、クタの現在:

« 9回目のバリ | トップページ | ウブド »