2010年12月12日 (日)

ただいま編集中

最近ハマってるのが、ビデオの編集movie

AUSで撮った、写真、VTRを編集してまとめている。

 

映画監督になって気分で、楽しんで編集してるhappy02

アナウンスや音楽、タイトル、字幕も挿入出来てmusic

自分のイメージ通りに仕上がってきてるhappy01

 

でも、さっき改めて編集したものを見てみたら、

作り込み過ぎたのか、なんか最初に編集したのが良い感じがしてきた。

 

画像を挿入したり、カットしたり・・・・・・・・・・・・・

ハマればハマるほど、新しいアイデアが浮かんでは消える。

 

でも、いま編集している分は

何とか、今週中には仕上げたいんだけど

どうなる事やら・・・・・・・・・・

 

でもやっていて楽しいから、楽しんでやってこうかねsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

明日から

002

昨日は、ハリス氏の新刊のサイン会とトークショウに

でも、会場に来ていた、「来週からパースに旅行に行く」という人達と、話し込んでしまい、肝心の本にサインを貰うのを忘れていたshock

まあ、サインは次回に・・・・・・・・・・・・・

と言う事になった。

  

それと、パースと言えば、

応援してるAFLのチーム、FREMANTLEはファイナルシリーズに進出したものの、金曜の夜、Geelongに敗退したweep

それに伴い、今シーズンの全日程が終了した。

来年もがんばってくれup

 

さて、明日から社会復帰だよ。

遅刻しないためにも、今夜は早く寝ようsleepy

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

帰国の日

002

今朝、帰国した。

昨夜は、色んな人と挨拶を交わしたweep

やっぱり、凄く寂しかったsad

みんな、最高の友人達sign03

今すぐにでも、AUSに引き返したいくらいだ。

008

飛行機のなかでも、もらったポストカードを読んでフリーズしてしまったweep

食事を配りにきた、CAさんには必死でつくり笑顔だった。

飛行機は、AUSを離れていく。

ナイトフライトが苦手な僕だけど、今回は寝ていたsleepy

011

起きたら、日本の領空を飛行していたairplane

009

成田に着いたら、雨だったrain

日本は梅雨真っ盛りなのだ。

冬のAUSとは違い、飛行機を降りるとジメッとした感覚が体にまとわりついてきた。

012  

そして乗ってきた飛行機に目をやったら・・・・・・・・・

↓機体には・・・・・・・・・・・

013

「Byron Bay」の文字sign03

そう僕はByron Bay号に乗って帰国したのだった。

やっぱり、バイロンベイには縁がある。

 

さて、今回の旅は今日ですべて終わった。

 

でも今日は、また新しい旅の始まりでもある。

今度は暫く?日本という場所が舞台で。

この旅路はどういったものになるのか分らない。

 

だったら、楽しいものにしていきたいhappy01

今はそう思っている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

This is Australia!!! ありがとうオーストラリア、そして友人達

012

日付が変わり、7月6日。

とうとう帰国の日となったairplane

去年の7月9日にパースにやってきて、1年がたった。

この1年はあっという間だった。

海外で1年過ごすというのが、目標だったので達成できたhappy01

 

この1年をいっぺんに回想は出来ない。

 

自分にとっては良い経験になった。

友人達からは、僕が帰国するのが信じられないと言った様子だった。

近場のバリにまた行って、半月後に戻るのではとも言われたwink

そうだったら、よいのだけれど明日帰国weep

 

パース、バイロンベイ、ブリスベン、ゴールドコースト、シドニー、クレセントヘッド、そして、バリ、シンガポール、マレーシア。

本当に思い出は尽きない。

サーフィンもいっぱいしたwave

お陰で夢だった、バレルの波にも3本乗れたgood

005  

そして、僕の周りの友人達、全員に感謝したい。

感謝してもしきれないくらい。

みんなの顔が浮かんでくる。

子供のころ、友人が少なかった。

でも今は、世界中に友人がいる。

僕は将来、彼らを訪ねる旅に出たいと思っている。

 

オーストラリアで得た財産は、人であった。

最初は、サーフィン学科のある学校に入るためにやってきたが、それは叶わなかった、しかし僕にとって、ここで得た友人達は学校の資格よりも凄い財産だった。

 

 

最後にこの曲をみんなに送りたい。オーストラリアの事を歌った歌は多いけど、僕はこれがお気に入りnote

http://www.youtube.com/watch?v=ML9h3I5Uktw

This is Australia!!!

Thank you mate.

明日の今頃は、僕は機上の人。

本当にありがとうsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

親友との別れと、夢は叶っていた

002

パースに戻って、あっという間に予定の3日間が終わろうとしている。

この3日間、多くの友人に会った。

なかでも、親友のシモーネが6/1にイスラエルに移住するので、先ほど一緒に食事をしたrestaurant

彼ともう一人の親友、ロジャーの誕生日との合同パーティーに僕が出れないために、今日の食事会となった。

 

本当に彼には世話になった。

パースで本当に仲良くなった一人だ。

お世辞でも、安全な国ではないイスラエルに行く彼が心配だが、僕は彼の決断を尊重し、最後まで礼を言っていた。

そして、再会を約束して別れた。

ありがとうシモーネ。

 

パースに戻って、風邪がまだ治ってないが、明日ブリスベンに移動するairplane

正直、もう満身創痍な気分sad

疲れ果てたボクサーみたいだwobbly

 

でも2月の後半から続いている、この旅は実はやってみたい事だった。

移動に移動を重ね、行きたいところに行って、色んな人に出会う。

昔からやってみたかった。

 

お陰で、13カ国を旅して(そのうち、バリ×10、AUS×6)、世界中に友人が出来た。

夢は叶っていたのであったhappy01

 

なぜこんな事を書いたかというと、8年前最初にAUSに行った時に書いた紙きれが、バックパックから出てきた。

そこには「旅をして、友人を作り、彼らと思いっきり遊ぶ」と書いてあった。

まさに実現していた。

 

パースで知り合った人々とは、一緒に旅に行ったり、飲んで踊ったnote

 

これをみて体調はイマイチだけど、少し元気が出てきたup

 

話は変わるが、今日友人に夏服を預けた後、マウント・ローリーを歩いていたら、日本の雑貨屋さんを見つけた。

僕はお店に吸い込まれるように入っていた。

お店には、感じの良い日本人女性のオーナーがいて、日本から輸入してきた小物がきちんとディスプレーされていた。

僕はお店のオーナーの女性と少し話をした。

話をしていて自分の気持ちが、かなり変わっているのに気がついた。

 

先日シンガポールでお世話になった人から、メールが届き「残りのアドベンチャーを楽しんで」とあった。

はい、楽しみますsign03

明日朝、ブリスベンに向かいます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

Back in Perth

夜中の2時にパースに戻ってきたairplane

でも、バリでの疲れが一気に出たのか、体調が思わしくなかったshock

昨日は、ホテルチェックアウトしたのが12:00hotel

空港に向かう19:00まで、プールサイドで読書をして過ごしたのだが、鼻水がジュルジュルでるし、体がだるかったsad

早めに空港に行き、チェックインを済ませ、今回もラウンジを使いゆっくり過ごした。

 

飛行機は乗客がすべて乗ったためか、定刻より早めにテイクオフairplane

外の景色を見ながら、バリに心で「バイバイpaper」とつぶやいた。

 

しかし、飛行機がどんどん高度を上げていくと、頭が痛くなり耳ツンもひどくなり、鼻水も相変わらずだったshock

幸い、僕の隣にはだれも座らなかったので、肘置きを全て上げて就寝sleepy

しかし、バリ~パースは距離が短いため、すぐにCAさんに起こされ、飛行機は着陸のために高度をどんどん下げる。

その時、乱気流で飛行機が激しく揺れ、気持ち悪くなったshock

 

飛行機で初めて、吐きそうな気分になったshockshockshock

 

でも高度を下げて行くうちに、頭痛と耳ツンが軽減され幾分楽になった。

無事に飛行機が着陸してからは、吐きそうな気分も収まり、ホッとしたup

 

定刻より30分早い、1:30にパースに到着。

荷物を取って到着ロビーに行って、シャトルバスの時間を調べたら、始発は6:30down

仕方なく、到着ロビーで寝ることにした。

しかし、近くにいたインド人の子供たちがうるさいし、既に初冬のパースは寒い。

なかなか寝付けなかった。

 

5:30頃に目を覚まし、洗面と歯磨きを済ませバス乗り場にbus

乗客は、僕だけ。

YHAに向かう外の風景は懐かしく感じた。

戻ってきたってかんじかな。

 

しかも、パースに着いてからは、多少鼻水が出るけど、バリにいたときよりは体調はマシになっている。

慣れた街に来て、気持ちが安心したのだろう。

 

でも、今回は3日だけの滞在、水曜日にブリスベンに向かい、金曜にはバイロンベイにsign03

 

さて、今回のバリ。

やっぱり長すぎたかな。

 

途中に行った、シンガポールとマレーシアのマラッカが良いスパイスになった感じだ。

自分の新しい扉が開いた。

 

今回もいろんな人にお世話になりました。

ありがとうございました。

最後に、バリにちなんだ曲聴いてくださいsign03

http://www.youtube.com/watch?v=IHQk40tq_xs

006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

一区切り、みんなありがとう

無事に、イーストコーストツアー第二段も終了し、木曜日にパースに戻ってきた。

戻ってきてからは、ゆっくりしている。

咳からまだ回復していないしdown

 

 さて、昨年7月9日より始った、今回のオーストラリア生活も明日で、ひとまず終了するweep

今回も、沢山の人達にサポートをしてもらった。

お陰で、楽しい日々が過ごせた。

本当に感謝したい。

今回は、色々と気付いた事が多かった。反省も多いけど・・・・・・。

 

 特に、2008年から続いている人たちには、より一層深く感謝したい。

H、S、Rg、Ru、Rf Ja、この6人にとにかく感謝したいhappy01

それと、カポエラ、イーストコーストの友達にも。

 本当にありがとう。

 

 明日、バリへ行きます。今回はシンガポール、マレーシアにも行く予定。

5月にパースに戻る予定である。

 行ってきますsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

Great 41th Birthday

昨日、3/14で41歳になりましたbirthday

みんなに、祝ってもらい最高の誕生日になった。

最初にフリーマントルの「リトル・クレーチャーズ」でビール飲みながらランチbeerrestaurant

002

そこで、手渡されたのは、プレゼントとバースディカードpresent

ビーチタオルが入っていたhappy02

旅に使ってほしいという主旨happy01 早速、水曜日からのイーストコースト2から、使わせていただきますsign03

バースディカードは、イーストコースト・トリップした旅仲間、全員からのメッセージだった。

読んでいた、ジーンときてしまったweep

本当にありがとうheart04

食事中に、携帯に日本の家族から、連絡があったmobilephone

甥っ子が、電話口に「ハッピー・バースディ」を歌ってくれたnote

024

夕方、シモーネの家で、別の友人達が祝ってくれた。

Hに、僕の最高の友人達を紹介できたのも良かったsign03

本当に最高の時間だった。

021

この誕生日で、今回の目的をほぼこなした。

今回の目標に、「AUSで夏を過ごす」というのがあった。

クリスマス、ニューイヤー、そして昨日の誕生日。

目標の1つを達成できた。

夜、部屋に戻りMP3をシャッフルにして聞いていたら、佐野元春の「SOMEDAY」が掛かった。

この曲は10代の時に、よく聞いていた曲notes

その中の、歌詞

『窓辺にもたれ 夢のひとつひとつを

消してゆくのは つらいけど

若すぎて 何だかわからなかった事が

リアルに感じてしまう この頃さ』

 

『「手遅れ」と言われても 口笛で答えていた

あの頃、誰にも従わず 傷の手当てもせず ただ

時の流れに身を委ねて』佐野元春、SOMEDAYより

 が流れたとき、貰ったバースディカードを読み返し、いろんな思いが気持ちを駆け抜けた。

改めてパースに来たことが正解だと思った。

正直10代のころは、この歌詞の意味はよく分らなかった。

そして41歳になった昨日、やっとわかった気がした。

改めて、最高の仲間にお礼をいいたい。

『最高の誕生日をありがとう』

SOMEDAY  SOMEDAY歌詞

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

Graduation

今日、8か月通った、英語学校を卒業happy01

まあ、確かに昨年よりも英語は上達したが、当初の目標の「Upper」には行けなかった。

今回は、アカデミック英語に挑戦など、いろいろ良い経験が出来たのは確かだ。

今回の学校は、たくさんイベントがあって楽しかった。

まあ、反省点もいっぱいあるけど、今は考えないでおく。

008

世話になった、先生たちには感謝したい。

さて、最後のスピーチは僕が最後だった。

シンプルにまとめた。

「Guys!!! Life is very short!! Enjoy!!」

そして、最後はFootyプレイヤーのように

「Cheers!!」(オーストラリアではありがとうのスラング)

と締めくくった。

自分でも、最高の締めくくりだったsign02

今日から、また新たな扉が開いた。

本当にありがとう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

Go East!!!

477

今週の土曜日に1週間の予定で、ブリスベン、バイロンベイ、ゴールドコーストに行くairplane

今回の旅は、今までと全く違うものになる。

バイロンベイに行って、友人に会って、サーフィンする事はいつもと変わりないwave

でも今回いつもと違うのは、

トラベルメイトがいることhappy01(複数の人と旅をするのは、15年前のマウイ以来)

サーフィン以外のアクテビティーに参加する事sun

ゴールドコーストに行くこと。

最近、自分に変化を必要と感じていたので、よい機会になると思う。

今回の旅のテーマは「こだわりを捨てる」かなwink

旅の雰囲気に身を委ねてみたいshine

本当に楽しみだhappy01

508

| | コメント (4) | トラックバック (0)